2013年02月03日 (日) | Edit |
今日は予約していた、徳島市内の動物病院へ、シンを連れて行ってきました。

前回目の異常に気が付き、診ていただいた際に、大阪の大学病院の先生が来県される機会がある、と伺ったので是非とも、とお願いしていました。


シンは、キャリーバッグにはご機嫌で入って、病院でもとっても良い子でした!


でも、瞳孔を開く検査のためにシミる目薬を注した時は、いじけて私の腕の中にもぐり込んでました (^_^)




眼圧検査、眼底検査、光の反射の検査をしました。


シンは、網膜が普通よりキラキラして、血管が細くなっている、との事でした。

血管が細くなっている事は、前回も言われたのですが、今日までに回復はしていませんでした。

光の反射はプラスでしたが、普通の猫に比べて反応は鈍いとのこと。


どの位見えているかは分からないが、正常までは見えていない。


私が、前より良くなった気がしますが、と伺うと


薬を中止した事で、回復出来た部分は戻るべくして戻ったが、機能が失われた視神経は回復はしない、と言われました。


今後はどうなりますか?


血管が細くなっているので、目に供給するものが少なくてもいい、という事になっている。これから良くはならない。状態が変わったら、また診せてください、とのこと。


日常生活で気を付ける事は?


多分小さい物は見えにくい。机などの上に危険な物は置かないように。
外では対応が出来ないので、室内から出さないように。ベランダも危険(うちにはベランダ有りません。)
高い場所にも気を付けること。


最近少し良くなった気がしていたのですが、楽観視し過ぎでした。


シンは見えないなりに、日常生活に順応していってたのですね。


人間とは感覚が違うので、支障の有る無いは分かりませんが、やはり可哀想です。


今後どうしていけばいいか、すぐに思い浮かびませんが、シンにとって良いと思うことは、何でもしてあげたいと思います。


今日はお疲れさん、シン ^_^





皆様には、シンの事でいろいろご心配いただいて、本当にありがとうございましたm(_ _)m

これからも、何かありましたら、報告させていただきますね (^-^)


長時間の検査にがんばったシンに、応援よろしくお願いします (*^o^*)






スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/02/04(月) 21:36:17 | | #[ 編集]
鍵コメ様へ
こんばんは(*^^*)
シンの事でご心配いただいて、ありがとうございます!
様子に変化が無いか、今後気を付けて見て行こうと思います。
思い出のお話、ありがとうございます。
私も後悔多しです。判断するのは飼い主ですものね。
また情報交換など出来ればお願いしますm(_ _)m
2013/02/04(月) 23:52:47 | URL | 幸っちん #-[ 編集]
こんばんは
診察、検査お疲れ様でした。
そうでしたか・・・
やはり視力に障害が残ったのですね。
動物は生きていくための適応能力が優れているのだと思います。
怪我や事故などでの障害にも、残された機能を発揮し
そのハンディも感じることなく生きている姿を見ることがありますものね。
シン君、これからも幸っちんさんといっしょに元気でがんばってほしいなと思います。

それにしても、薬の作用、副作用のこと考えると怖いですね。
あらためていろいろ考えさせられます。
2013/02/06(水) 00:02:01 | URL | marotochiro #-[ 編集]
marotochiroさま
シンの事を気に掛けてくださってありがとうございます(*^^*)
シンは検査の時に瞳孔を開く目薬を注したのですが、多分普通の子なら次の日には元に戻っているのでしょうが、目の状態のせいか、なかなか検査前の目に戻りません。
こんなところにも影響があるんですね。
まずは室内で事故など起こらないように、チェックしていきたいと思います(^_^)
シンには快適に、元気で長生きしてもらいたいです。
目の事があって、尚更そう思うようになりました(^_^)
2013/02/06(水) 13:13:01 | URL | 幸っちん #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/02/07(木) 00:27:15 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック